同じように2度弾かない

タイトル、クラシックの曲を弾くときのことではありません。ジャズを演るときの特徴です。頭の中に浮かんだ音やフレーズ、ちょっとしたビートのゆらぎ、ディレイ、それによって決まるフィーリングやタッチ、ノリ、など。それらが弾くたびに少しずつ変わって正解なのがジャズ。そのときどきの自分の感情や状態が出るので、まったく同じように弾くというのは、時にむずかしかったります。

先日、ジャズコースのレッスンで中級ほどの腕前に入っている大人の生徒さんが1曲弾き終えたあと、「先生、この2小節、なんとなくで弾いちゃったけど、どうでしたか。。」と、コードを指差しながら記憶を辿っているご様子。そこで、私がこんな感じでしたよと再現したら、「あ、結構大丈夫でしたね。。」と、フレーズを採譜しながら確認されていました。

クラシックのレッスンではありえない風景ですが、なんとなくでも良い演奏ができる場合がジャズではあります。でもそれは、自分の中に一生懸命積んできたからこそ。とくに無意識にフレーズが出たというのは、ジャズピアノの場合とてもいい状態だったりします。

ちなみに、一度も弾いたことがないフレーズ、聴いたことがないフレーズ、というのは、いつになっても無意識では出ません。それまでに自分で弾いたか、それともどこかでよく聴いたフレーズか、そのどちらかがベースとなっていることがよくあります。ジャズは耳でも勉強する、と言われるのはこういうことから来ています。

自分の体に浸透するまで刷り込んで体の一部になったら、あとは自由自在。同じように2度弾けなくて大丈夫。むしろ、同じように2度弾かない練習をしてみると、いろいろなフレーズやサウンドが蓄積されていきます。