バレンタイン2018

今年もやってまいりましたバレンタインデー!^.^!
むかしは、年頃の生徒さん(ちゃん)に「今年は誰かにあげるの?」と聞きますと、たいてい「クラスのだれだれくん。。」とか返って来たものですが、最近はみんなクールですね。(笑)「友チョコならあげるよ!」のお返事がなんとまぁ多いこと。(あとは「お父さんが悲しむから一応あげるー」というもの。。^^;)

最近ではチョコも宝石と見紛うようなものもたくさんあって、それこそデパ地下に足を踏み入れたらもう最後、、コレクションしたくなるようなカラフルでキラキラ感いっぱいのチョコに引き込まれます。

さて、バレンタインデーといえば「My Funny Valentine」というジャズのスタンダードにもなっている曲があります。もう王道すぎて取り上げるのもちょっと芸がないような気もしますが、逆に王道だからこそ名演はたくさんあって、それらを聴き比べるのもまた一興だったりします。マイルスデイビスはもちろんのこと、オスカーにキース、マッコイにハンク(あとピアノならリッチーバイラークもおすすめ)、そしてボーカルではシナトラにエラ、他にも書き出したらキリがないですが、もうこの曲に関して誰かひとりだけあげて!と言われましたら、もう断然チェットベイカーのプレイをおすすめします。


有名なアルバムのテイクもとても素敵なのですが、私はこの、チェットが枯れたあたりのテイクが最高に最強に好きです。生涯現役のモテ男。。(笑)間でさえ愛に満ちています。。

ちなみに日本人というのは、このオリジナルキーのCマイナーの曲を好む傾向がありまして、例えば、演歌などはこのCm、つまりハ短調の曲が本当に多い。あ、長くなる、、その辺りはまた。。ハッピーバレンタイン!!